ごあいさつ

 現在、豊中市の人口は40万人で、うち65歳以上が10万人を超え市民の4人に1人が高齢者となりました。豊中市老人クラブ連合会はこれら問題に対応するため、 健康寿命を延ばし、会員自らが積極的に、かつ様々な事業に取り組んでいるところであります。

 しかしながら、会員総数は毎年減少傾向にあります。市老連としましては、さらに一歩前へ進むために社会福祉協議会の協力や、豊中市にお住まいの方々にも紹介できるホームページ、従来から発行している広報紙・チラシ等々で活動状況を紹介し、会員増員に利用できればと皆さまとともに進めてまいります。
 今後も関係機関と協業・協働(共に考え・共に働く)し、それぞれのメリットを最大限に引き出し合いながら、元気で楽しく進める新しい1ページにできればと思います。

 皆さまのご協力、よろしくお願い申し上げます。

豊中市老人クラブ連合会

会長 南 英亘


平成30年度 豊中市老人クラブ連合会 重点目標

①健康寿命を伸ばし、介護予防を広げる取り組み

 〜活動支援センター「なごみ」を拠点に支援活動を展開〜

 ・新地域支援事業の取り組みを進める

 ・介護予防事業の推進と他機関・団体との連携

 ・各関係機関や団体と連携し、地域事業を進める

 

②クラブ会員増強活動の取り組み

 ・「楽しいクラブづくり」を目標に、研修・懇談会を実施し、単位老人クラブの充実強化を図る

 ・クラブカードの作成を検討し、入会促進のシステムづくりを進める

 ・新設クラブの働きかけを進める

 

③元気で楽しいクラブ活動を啓発する取り組み

 〜広報活動の充実〜

 ・新たに愛称を付け、参加しやすい体制づくりを進める

 ・ホームページや機関紙の充実を図る

 ・活動チラシ及びパンフレットを発行する

 

④高齢者の安全を守り、安心して地域で暮らす取り組み

 ・見守りサポーターを養成し、全員が詐欺に遭わない体制をつくる

 ・あいさつ運動を進め、地域の輪を広げる

 ・地域で高齢者の交通事故を減らす活動を進める